崖っぷち医師の不動産投資ブログ

yuzublog

【スポット体験3】東京ルール適応の救急外来

更新日:

b 本日、日曜日は川崎近くの約200床くらいの地域の基幹病院の急外バイトです。 09:00~17:00で5万3500円、wall in 5名程度、救急車4台程度、日直、救急外来対応の事前情報でした。 また、事前の説明で東京ルールが適応される病院ですとのことで説明がありました。 恥ずかしながら、当職はもともと県外で働いており東京ルールを知りませんでした。 (東京ルール) 「原則中等症以下で、救急隊による医療機関選定において、5医療機関への受入照会または選定開始から20分程度以上経過しても搬送先が決定しない患者」を搬送困難患者として、東京都で地域で中心的な役割を果たす「東京都地域救急医療センター」と任命された病院が可能な限り受け入れるというものでした。 今回、バイトした病院はまさに365日24時間受け入れ病院なので、少しビビッてました。   午前中はとくに予定の点滴の人が2人来ただけでした。 近くに系列の診療所があり、基本はそちらに行。 午後には透析中の患者様が喘息発作で来院され、薬剤の容量など調整が必要し、最終的に入院になりました。病棟では別で常勤医医師が待機されていたので入院もスムーズでした。 そのほかに、薬剤性の蕁麻疹疑いの患者様、動悸で来院時は改善している患者様がきました。 最終的に救急車は1台も来ませんでした。 walk inも臨時で来たのは3人のみでした。 日に寄るのかもしれませんが、比較的余裕のあるバイトでした。      

ちなみに当職のイチオシ医師のアルバイト斡旋サイトは【MRT】さんです。
使いやすさは抜群!!
また、常勤や定期でバイトする場合には面接が必要ですが、美人で親切なコンシェルジュが同伴してくれ、交渉はお任せできます。
何かあった時の対応も非常に丁寧で素早いです。

-フリーランスという働き方